今日、キュンキュン講じる奥様が増えています。誰に?それは高橋人生だ。もはやPRやテレビジョンに引っ張りだこですね。旦那の魅力は何?それはあのくしゃくしゃの微笑だ。猫に似ているあの可愛いくしゃっとした微笑は、旦那の醍醐味を存分に出していますね。そうして、雑誌もはやりましたが、真裸を出した旦那の肉体美にあの微笑との隔たりでどんどんキュンキュンした方が多かったに違いありません。ただし、旦那は芸暦が長いだ。すでに36年齢ですし、ひと休みが速いは言い辛い苦労人です。ボクは旦那をやっと気になったのは医龍というドラマだ。旦那はボンボンの外科医でした。旦那が真っ暗の中でオペをこなし、最後は泣き崩れる場合がありました。それまでは人間を見下し、上から目線の不快先生でした。ですから、こういう隔たりのくらいさをのぞかせる関与にかっこいいと思いました。そうして、坂口憲二演ずる主人公の下で、先生として人間として成長して行く持ち味がまたかっこよかっただ。旦那は、隔たりのもの凄く性分ですね。育った環境も繁雑といいますが、それを捉え打ち切るピュアさのある微笑が人間をひきつけるのかなぁ。音も最高に落ち着いた低音がダディーのフェロモンを出してある。斉藤工の対極におけるフェロモン王子だ。