私も過去何度も転職した経験がある奴だ。雇用について空気における用語が、私の女性が言っていた「きっちり今回おる現場以下の現場になるんだから、安易に転職するな」というものです。自分の雇用履歴を振り返って見ると、悔しいですが女性の言う通りになってしまっていました。運命の元凶もあるは思いますが、更なる昇進!勉強して明確な熱意を持って雇用!あるいは、激しい程の拷問という悪徳事柄稼業!という輩以外のみんながこういう用語ものの状況になってしまうのではないでしょうか。私の場合は、雇用がしたかった、という訳では無いんですね。特にその時の業務が辞めたかった、というのが何よりも手強い雇用の関連でした。ひとまずそう思うと、その現場はどういう些細なことでもウンザリするイヤな事に思え、その反発なのか、NEW現場のインフォメーションなどはどれも魅力的に思えて来てしまうんですね。そうなると、絶対転職してあげる!という、本当は何も考えていない癖に妙に強い胸中が生まれてしまい、後先考えずに辞表を提出してしまっていました。そういう、逃げ100百分比の姿勢で飛び付いた次の現場の品質なんて推して知るべしですよね。あんな粗相を繰り返したぼくからの、雇用を考えておる輩への提言は、とりあえず勢いで去るな!だ。今回辞めなければ死ぬかもしれない、と言うなら話しは別ですが、加入さえしていればお給料はなくなるわけですから、勢いで飛び出して仕舞う前に、我慢してお給料を受けつつ次の新天地の品質を決める品行をください。資格取得も、インフォメーションコレクションも何もかも良いです。勢いで辞めてから頑張ってどうにかなる、という主観はだいたい一番通用しません。同じ主観を年間復路くらいにまたしているのがオチだ。仕事をしながらまずは次に役立つ品行が出来ない、という他人は、そもそも雇用打ち切るほうが良いです。こちら、年を取って、自分の過去の甘ったれた姿勢って品行に後悔することが多々あります。それは主観だけでなく、金銭的な事など具体的な悔いも孕んである。こういう書き込みで授けたかったのは、雇用は甘いものじゃないし、内面は思った以上に手緩い、という事を、雇用を考えて掛かる他人が私のようにならない為にも今一度しばしば考えてほしい、ということです。