商売やネットワークが合わないと感じた一瞬、「踏ん張るべきか、転職するべきか」はむずかしい面だ。我慢するべきだと練る顧客もいれば、無理をする不要と考える顧客もいる。どちらかというとこちらは後にあたります。無理をしても条件を壊してしまえばどうにもならないという集積をしているからです。3クラスほど前に勤めていたショップが、同僚の年上ダディによるセクハラが重いショップでした。リーダーに相談するもさほど深刻には受け止めて貰えず、日毎ショップに行くのが憂鬱でたまりませんでした。でも少々は我慢して通い続けていたのです、いつか改善するお天道様を信じて…。但し、状況はさらに悪くなるばっかり。ショップのコンプライアンスホットラインによっても、まるっきり良し状況にはなりませんでした。そうこうやるうちに、負荷により食生活が取れなくなり、瞼のけいれんが激しくなり、胃の疼痛が強くなり…って、条件がどんどん悪化していったのです。セクハラが起こるようになってから半年ほどが経過していました。商いがびいきだったので、出来ればキャリアしたくなかったのです。但し「無理だ」という判断し退職して、じりじり職探しをしました。根気も時々大切です。ただし、根気しすぎは体に良くありません。無理だという判断したら、早めにキャリアを決意するのも、決して悪いことではありません。