自身は新卒で採用した店を約半年で辞めました。適正やめる決断をするまでには相当内面で葛藤がありました。自分に忍耐が足りないだけではないのか、甘えなのか、半年で辞めて「飽き性」という付箋を貼られるのではないか、次の勤務はみつかるだろうか、そういった情熱がぐるぐるといった胸中のなかに浮かんで外れることを引き留めていました。但し、生活していくうちに人間何時死ぬかわからないのに辛いということを続けて間隔を無駄にしていいのかと考えるようになり、再度自由にやりたいことをしたいとして外れるセレクトをしました。真に勤務を辞めてから実績実践をしましたが、自身が思ったより世間はやさしく、半年で勤務を辞めた自身でしたがいくつか新天地は見つかりすぐに新しい職場で行ない始めることが出来ました。依然日本ではキャリアについて良いイメージがないと思っていましたが自身が思っていたほど気にする大切は無かったようです。これから先勤務に関するモラルもなおさら変わって来ると思いますが、色んな人がそれぞれのモラルにとらわれず、すくすくと仕事ができる年代がやって来ればいいなと思います。思いきってさっき職業を辞めた今、自身は面白く四六時中を過ごせています。人目を気にせずに内面を持って選んだ今の道に満足しています。