あたしは、雇用熱中をしている中で色々な職務にあたっていました。本当は、裏面会社の職で主に人事・総務・経理にかけていましたが、キャリアがないのが人泣かせでした。結構、キャリアがない要素を突っ込まれては不抜擢となることが多かったのです。当時のあたしに職務を買えるほどの経験はなく、売り買いでの経験が3時世幾らかぐらいしかありませんでした。売り買いが不満で裏面会社の職に就きたかったのですが、面会で内心は言えません。当時は、公務員チャレンジの勉強に明け暮れていたため民間企業へのトライを余儀なくされたあたしにとってはオタクで1年間働いていないステップがいかほど面会官に突っ込まれたかと思うと振り返りたくありません。それが、真実はわかっていても内面で面会官への報じほうがオンチだったので苦しかったのを覚えています。ただし、とある会社で購買担当の職務を応募しました。面会も自分では手ごたえ無くまた落ちたとして欲はしてなかったのですが内定を味わうことができました。しかも、購買ではなく裏面会社での抜擢でした。ついつい、日商簿記2級の特権を持っていたことがこうした結果を招いたのであると雇用してからわかることになりました。その後は、何回か転職していますがどんどん裏面会社の職をやってきていらっしゃる。特権よりもキャリアがあるかないかで大差があることを痛感できる雇用熱中でした。